ホーム>保険治療のご案内 【通院が難しく往診が必要な方へ】

保険治療のご案内 【通院が難しく往診が必要な方へ】

健康保険が使える "保険診療"

保険が使えるマッサージとは?

doisyo

まずは、主治医の同意書が必要です。左図の 「 マッサージ同意書 」 を印刷して主治医にご相談下さい。

マッサージの適応は、疾病の診断名に関わらず

1. 筋麻痺 2. 関節拘縮

が見られる場合です。

例えば…

●脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血)
●脊髄損傷後遺症
●骨折術後の後遺症
●リウマチ
●パーキンソン病
●変形性膝関節症
●変形性脊椎症 etc…

など、これらの疾病のため、筋麻痺や関節拘縮が起こり、日常生活が困難であり、
歩行や通院が大変な方。寝たきりの方などが対象になります。

保険が使える鍼灸とは?

doisyo

まずは、主治医の同意書が必要です。
左図の 「 鍼灸同意書 」 を印刷して主治医にご相談下さい。

 

 保険鍼灸の対象になるのは、基本的に以下の疾患です。

1. 神経痛
2. リウマチ
3. 頚腕症候群
4. 五十肩
5. 腰椎症
6. 頚椎捻挫後遺症
7.その他・等に該当する病名

膝関節症・肘関節症・テニスエルボー・ゴルフエルボー等、疼痛性慢性疾患で医師が同意した病名。

※またこれら以外にも「WHOが認定する鍼灸適応疾患」があり、『疾患部位に慢性的な疼痛がある』場合には、鍼灸の保険適応と認定される場合がありますので、まずはご相談下さい。

 

治療費について

施術料金の計算

1 マッサージを行った場合

1局所につき 285円 ( 対象部位 : ①躯幹 ②右上肢 ③左上肢 ④右下肢 ⑤左下肢 )

2 温罨法を併施した場合

1回につき 80円加算 

※温罨法と併せて、施術効果を促進するため、あん摩・マッサージの業務の範囲内において人の健康に危害を及ぼすおそれのない電気光線器具を使用した場合にあっては 110円とする。

3 変形徒手矯正術を行った場合

1肢につき 575円 ( 対象部位 : ①右上肢 ②左上肢 ③右下肢 ④左下肢 主に 肩・肘・手・股・膝・足 の関節に対して行う )

4 鍼灸を行った場合

●鍼または灸では1回につき 1,300円 ( 初回は初診料 1,610円 が追加で掛かります )

※電気鍼・電気温灸機併用では1回につき 30円加算

●鍼灸併用では1回につき 1,660円 ( 初回は初診料 1,660円 が追加で掛かります )

※電気鍼・電気温灸機併用では1回につき 30円加算

往療費の計算

距離 往療料金 加算額
0km~2km 1,800円 -
2km~4km 2,570円 +770円
4km~6km 3,340円 +1,540円
6km~8km 4,110円 +2,310円
8km~16km 4,110円 +2,310円

※往療距離が片道2キロメートルを超え8キロメートルまでの場合については、2キロメートル又はその端数を増すごとに、所定料金に800円を加算し、片道2キロメートルを超えた場合については、一律2400円を加算する。

※片道16キロメートルを超える場合の往療料は往療を必要とする絶対的な理由がある場合以外は認められないこと。

例えばこのような患者様の場合

脳梗塞後遺症により、右片麻痺があり歩行が困難な患者様で、両方の肩関節と両方の膝関節に拘縮を呈している。往療距離は2㎞。施術は躯幹へのマッサージと各関節(特に拘縮した関節)への運動療法を行った場合。

1回の施術料金 : 285円 + 575円 × 4部位 = 2,585円

1回の往療料金 : 1,800円

1回の合計料金 : 2,585円 + 1,800円 = 4,285円

ここに保険の負担割合が掛けられます。
 ・健康保険の自己負担率が1割負担の方は、1回につき 4,285円 × 1割 = 428.5円 → 430円
 ・健康保険の自己負担率が3割負担の方は、1回につき 4,285円 × 3割 = 1,285.5円 → 1,290円

※健康保険法の規定に基づき10円未満は四捨五入させて頂きます。
 

PAGE TOP